So-net無料ブログ作成
検索選択

静岡県/松崎町/伊豆まつざき荘(2016/01/23) [温泉]

■データ
トイレ:ウォシュレット、普通な感じ
種類 :宿
部屋 :畳部屋(オーシャンビュー)
浴衣 :あり
タオル:あり
お湯 :塩しおな温泉
場所 :


ポイント
風呂は最上階にあり、晴れていれば夕日を眺めながら入浴が出来ます。
露天風呂は、海風が心地よく、いつまでも入っていられます。
塩が濃い温泉なので、風呂から出ても、しばし温まってますので、冬は最高です。

冬の時期の朝は、海からの風がすごく強いです。
どれくらい凄いかというと、車を駐車する場所をよく考えて置かないと、宿泊翌日、フロントウィンドウが真っ白になってしまうくらい、塩水をブッ飛ばしてくるくらいの強さです。

そのため、宿で洗車できるホースが2か所あり、朝、塩を流して出発する事ができます。
タオルも貸してくれます。

ということで、ここへ新車で伺うと、悲しい目にあう確率が高いです。。。
(>_<)

■コメント
夜の真っ暗な海を眺めながら、海風にあたりながら、ぼーっと温泉に入るのが気に入りました。

●部屋から眺めた風景(右側は厳島神社がまつられていました)
伊豆まつざき荘.jpg

以上。
タグ:温泉 松崎

栃木県/日光/渓山荘(2016/03/20) [温泉]

■データ
トイレ:洋式トイレ、普通、ちょっと暗い雰囲気
種類 :宿
部屋 :畳部屋
浴衣 :あり
タオル:あり
お湯 :土の甘い香りがほのかにする
場所 :



ポイント
時間通りのチェックイン対応ですので、早めにいかず、ぴったり狙っていきましょう。

もし、早めに到着してしまったら、宿から約1km、奥へ近隣散歩して、間欠泉が見える所まで行くと良いでしょう。
写真に載せてますが、勢いのよい間欠泉が見れます。

宿の内装は、国民宿舎そのものです。
ちょっと古めなので、何となく寒々しい感じがします。

内湯の石造りの浴場が、古めかしく、なかなか良い雰囲気を醸し出しています。

露天風呂ですが、冬の時期は、ちょっと寒すぎて厳しいかもしれません。
内湯の脱衣所から、浴場までは、屋根付きの渡り廊下があるのですが、ダッシュで移動しないと冷えます。
なので、露天風呂へ入るには、春、秋がお勧めかと思われます。

■コメント
室内は古い印象が否めませんが、露天風呂が開放的過ぎて心地よいです。
浴槽が浅いので、深い所を探し、温かい所を探し、じっくり入りました。
ここの宿は、露天風呂よりも、内湯にじっくり使って労を癒すのが良いかなと思います。

●内湯の様子
渓山荘_内湯.jpg

●露天風呂の様子
渓山荘_露天風呂.jpg

●近くにある間欠泉(宿から1km離れたところ)
渓山荘_間欠泉.jpg

以上。
タグ:温泉 日光

長野県/野沢温泉/中島屋旅館(2016/07/16) [温泉]

■データ
トイレ:ちょっと忘れました
種類 :宿
部屋 :畳部屋
浴衣 :あり
タオル:あり
お湯 :土の甘い香りがほのかにする
場所 :



ポイント
この宿に泊まると、宿のお風呂以外に、至近距離にある「熊の手洗湯」があるので、気軽に共同浴場が楽しめます。

そこから、いろいろとある共同浴場めぐりへ発展させ、お風呂を楽しんでみるのが良いかと思います。
ちなみに、熊の手洗湯は、作り直されたのか、とても綺麗で清潔で、湯船も広めなので、快適に入れます。

野沢温泉街は、道が入り組んで、傾斜がきつい所があちこちにありますが、この宿へのアクセスも同様です。
車高を低くしてる車、エアロパーツを付けてる車は、擦ると思われるので注意しましょう。
また、宿の駐車場は、横ではないですが、少し離れた所と、坂を下ったもっと遠くに離れた所の2か所です。

野沢温泉街の中心地で、朝市もやってました。
宿から直接、朝市に行くには遠く感じてしまうと思いますので、所々にある共同浴場で、ひとっ風呂あびてから向かうと、すがすがしいでしょう。

■コメント
野沢温泉へは、2度宿泊しましたが、宿の印象よりも、やっぱり、共同浴場の印象が強いです。
坂が多いので、共同浴場めぐりには体力が必要ですから、無理しない範囲で、宿から近場のお風呂を攻めてみるのが良いでしょう。

●宿の斜め右にある熊の手洗湯の入口
野沢温泉_熊の手洗湯.jpg

●野沢温泉の湯畑から50m外れたところにある湯で窯で、トウモロコシをゆでました
野沢温泉_トウモロコシをゆでる.jpg

以上。

岐阜県/奥飛騨/民宿たきざわ(2016/09/10) [温泉]

■データ
トイレ:ウォシュレット、清潔(受付横のトイレが空いてるのでねらい目)
種類 :宿
部屋 :畳部屋
浴衣 :あり
タオル:あり
お湯 :土の甘い香りがほのかにするかな?
場所 :



ポイント
お風呂は、全て貸切ルール。
なので、小さなお子さんがいる家族連れが宿泊するには、良いかも。

宿の玄関を基準に見た場合の、奥の露天風呂が比較的広めで気に入りました。
内湯は、湯気もんもん状態なので、喉を潤わせるには良いけど、夏は暑いかも。

お湯は、どの風呂も、それなりにジャージャー出てるので、湯温が熱くなりやすい。
入浴前に、しっかり体にお湯を沢山かけ、慣らして入浴が良いかな。

宿は古民家を改装したかのような感じで、とても雰囲気が良く、清潔。
黒い板張りで、気分が落ち着きます。

部屋のデザイン、いろいろあるかもしれないけど、安いプランの部屋でも
十分綺麗、清潔で、快適に過ごせると思います。

ご飯が美味しかった。
食堂の入り口付近に、波動スピーカーが置いてあり、どの席に座っていても、雰囲気よく音が聴けて心地よい。

■コメント
このエリアの宿泊は初めて。
他にも沢山、温泉宿があるので、もっと他も調べてみたいんだけど、ついつい、このエリアを外して、乗鞍か、飛騨に行ってしまうので、宿泊経験が少なく、よくわかりません。

お風呂、全て貸切制なので、一人で入る時がある場合は、ちょっと気が引けましたが、4か所くらいあるので、待ち状態にはりませんでした。

快晴だと、ここも夜空には満天の星空になりそうで、星空撮影したいときに、再度、訪れて見たいと思える場所でした。

●入口付近の外観
たきざわ_外観.jpg

●2つある露天風呂の1つ
たきざわ_露天風呂.jpg

以上。

三重県/伊勢市/ホテルリゾートイン二見(2016/09/09) [お湯]

■データ
トイレ:ウォシュレット、清潔
種類 :お湯のお風呂
部屋 :洋室(ビジネスホテル風)
浴衣 :あり
タオル:あり
お湯 :普通のお湯なんですが、消毒臭はしないんです(たまたまか?)
場所 :



ポイント
伊勢神宮へ参拝するなら、ここのホテルはお勧めです。
海も近く、散歩するのも最適です。

温泉ではないのですが、お風呂は貸切タイプが数か所あり、どのお風呂も快適です。
消毒臭もなく、半露天のお風呂なので、気持ちよく入れます。

ビジネスホテル風の宿です。

■コメント
年に2度は伊勢神宮にお参りに行くのですが、数日の観光が可能な場合は、他の観光地への移動を考えて、鈴鹿~津付近の宿を探して宿泊してました。

初めて伊勢神宮の近場の宿を探して泊まってみました。
ビジネスホテルの気持ちで宿泊したのですが、驚いたのはお風呂でした。
温泉じゃないけど、貸切風呂で、作りが綺麗で、半露天なので開放的で気持ちよく、大変、気に入りました。

すぐ隣は海で、海岸線を散歩できます。
釣竿持っていけば、釣りもできます。

●ホテルから見下ろした海の様子(早朝、釣りをしている人がいました)
伊勢二見_釣り場.jpg

●ホテル横の海岸からみた朝焼けの様子
伊勢二見_早朝の海岸.jpg

以上。
タグ:伊勢市

静岡県/御殿場/茶目(2017/吉日) [温泉]

■データ
トイレ:ウォシュレット、清潔、木彫個室、休憩室のトイレは音が漏れそうな作り
種類 :日帰り温泉
部屋 :囲炉裏部屋(板)、仮眠部屋(畳)など
浴衣 :あり
タオル:あり(都度、使い捨て)
お湯 :内湯だけは、ほのかに土の香りがするけど、基本、うっすら消毒臭
場所 :


■ポイント
大人限定の日帰り温泉。

静かに、まる一日、滞在したいときは、お勧めできるところ。
浴衣で過ごせて気持ちよく、タオルは毎回新しいのを使えるので清潔です。

富士山が見える快晴の日は、ぜひ、行くとよい所です。

隣に併設されている食事処があるので、お腹がすいたら何時でも行けるのが良いです。
ただ、この食事処、ここ数年で、どんどんレベルダウンしており、昔は、ランチでとても美味しなすき焼きセットなどが食べられたのですが、今では、そのようなものがなく、楽しみが減りました。

テレビはないけど、無線LANがカギ無しで解放されているので、PCやタブレットなど接続できる。
デスクトップPCも一台あるので、調べものが可能。

ここは、ちょくちょく建物が改修されており、いつも清潔です。
裸足でも気持ち良い板張りの床が、なんとも言えない感触です。

■コメント
10年前は、大好きで、ものすごくリピートしていました。
隣にある食事処のごはんが美味しかったのもあるでしょう。
ですが、今は、その食事処の魅力も大半減。
なので、ここ数年は足が遠のいてしまいました。
ただ、何も持たずに温泉を一日楽しむんだったら、何も困らない場所です。

●最近の写真が無いので HP の URL を載せます
http://www.tokinosumika.com/spa/chame/


以上。
タグ:温泉 御殿場

群馬県/万座温泉/日進館(2016/09/24) [温泉]

■データ
トイレ:ウォシュレット、普通、板状の壁
種類 :宿
部屋 :畳部屋
浴衣 :あり
タオル:あり
お湯 :乳白色で硫黄の香りがする
場所 :


ポイント
バイキング形式なので、家族連れで、食べたいものを各自、食するのには良いでしょう。
結構、美味しいバイキングでした。(もしかしたら季節によるかも)

特にきになるような所もなく、万座温泉エリアの宿には、ほぼ泊まり歩きましたが、宿泊棟の雰囲気はどこも同じかなーと感じる作りです。

温泉は、大好きな和風の木造で好きな作りでした。
露天は小さいお風呂があるだけなのですが、夜空を眺められるので、照明が直接目に入らないよう手で遮れば、快晴時は星空が綺麗に見えます。

宿から離れた所にもお風呂があるのですが、今(2016/9月現在)は、通路が壊れて直接行けず、玄関経由で2分少々歩いて行く必要があります。
一度だけいけば良いかな...という感じです。

その時、気づくのですが、玄関脇には、うさぎが野放し状態で飼われており、その先にも囲いの中にもうさぎが飼われているので、ぴょこぴょこ歩く姿を見て和むことができます。

■コメント
冬は問答無用で有料道路を通ってくる必要がありますが、夏場は草津経由で万座へ向かえるので、お昼に草津の温泉街を散策&食事し、白根山の景観を眺めるのが良いかなと思います。
有料道路は、結構なお値段しますので。

夜は星空を眺めて、都会では見えない星を肉眼でみると感動です。
カメラと三脚を持ち込んで、星空撮影をオススメします。

●玄関脇の風景
万座温泉_日進館_内湯.jpg

●内風呂の様子
万座温泉_日進館.jpg

以上。

岩手県/花巻温泉/大沢温泉湯治屋(2016/11/04) [温泉]

■データ
トイレ:所々ウォシュレット、普通、古風
種類 :宿(自炊棟あり)
部屋 :畳部屋
浴衣 :あり
タオル:あり
お湯 :土の甘い香りがほのかにする、無色、透明
場所 :



■ポイント
湯治棟は、鍵がかからない部屋です。
そこは信頼関係、日本人のマナーに任されてます。

台所はコジンマリとした作りになっており、2箇所あることを確認できました。
電子レンジもあるので、コンビニで弁当をかって温めるなど、気楽に自炊を楽しめます。

僕らも自炊するプランで宿泊しましたが、火をつかう調理をしなかった為、調理器具を細かくチェックしていなかった為、詳しく書けません(ごめんなさい)

食堂もあるので、お昼も夜も、食事は取れます。
なので、自炊プランで宿泊しても、自分で食べられる分量を食堂でオーダーできるので、無駄な出費も抑えられるかもしれません。

お風呂ですが、一番有名な川沿いにある露天風呂は混浴です。
時間によっては女性専用になり、その時は、入口に女性の門番が登場します。

ただし、露天風呂は、川を渡る橋から丸見え状態なので、夜といえども、照明などで薄っすら照らされている関係で、見えるかもしれません。
なので度胸が必要かもしれません。
でも、景観がとても良いので、必ず、入浴した方がよいお風呂です。

あと、綺麗なホテル棟も横にあり、そこにも大浴場があります。
半地下通路で繋がっているので、温まりたい時は、こちらをオススメします。
こちらは洗い場も多くあり、しっかり体を洗えます。

■コメント
花巻温泉郷は、よく行くエリアです。
この宿で花巻温泉宿は4件目の宿泊となりますが、どこの宿も雰囲気がよく、どこもオススメです。

受付となる棟は、外観が古風で、とても情緒ある温泉宿なので、とてもフォトジェニックな所です。
紅葉シーズンに行くと、庭も、露天風呂から見える景色も、それはそれは絶景です。

宿の利便性より、雰囲気を楽しみにいく宿としては、オススメできます。
普通に宿泊目的で行くと、古いし、部屋から風呂へのルートが複雑、長距離で移動に疲れるので、なんども入る気持ちが萎えるかもしれませんね。

●温泉宿の入口の景観
大沢温泉_入口.jpg

●宿の裏にある川の景観
大沢温泉_川沿い風景.jpg

以上。

長野県/千曲市/戸倉上山田温泉(2017/03/18) [温泉]

■データ
トイレ:一部にウォシュレット、清潔、和風
種類 :宿
部屋 :畳部屋
浴衣 :あり
タオル:あり
お湯 :土の甘い香りがほのかにする、弱アルカリ、微かな硫黄泉(お肌にしっとり温泉
場所 :


ポイント
温泉の浴場は2種類。

男女入れ替え制なのですが、どういうルールで決めているか不明。
多分、女性が多い時は、大きいお風呂を女性へ夜の時間割り当て、朝に小さいお風呂へ交換。
小さいお風呂が男性という図になります。

小さいお風呂は、足を曲げれば大人3名入れますが、どーんと入りたい場合は、1.5名の容量です。

大きいお風呂は、容量たっぷり、湯量も普通にあり、オーバーフロー方式で溢れて居ます。
お湯は、浴槽の脇から床へお湯を流すパイプが通されており、常にお湯が流れているので、冬場でも冷くない配慮設計がされています。

ご飯は、とても美味しかったです。
量もちょうどよく、中年の方には適量でしょう。

温泉街を練り歩くには、街全体の作りがいまいちで、温泉宿ここに頑張ってる感じな地域なので、歩いて居ても楽しくないです。この辺りを改善すれば、散策する気持ちにもなるのですが、残念です。

足湯がファミリーマート(2017/3月現在) と、この宿の斜め右側にあります。
ファミリーマートにてツマミを購入し、足湯しながら寛ぐのも良いかと。

■コメント
温泉の泉質はとてもよく、アルカリ泉質なこともあって、少しトロッとしっとりするお湯です。
なので、お風呂上がりの肌がスベスベで気持ちが良いです。

この地に立ち寄って温泉にはいるトリガーとなるのは、この地域有名な「あんず」の花が咲き乱れる時でしょう。

あんずの里と呼ばれる2地域があるので、そこへの観光と戸倉上山田温泉に足を運ぶのがよいプランだと思います。

あと、この地域にはグランドが多くあるそうで、僕らが宿泊した時も、ソフトボールの試合があり、女子チームの団体が宿泊されてました。
ラグビーなどにも利用されてるそうです。

●大浴場
戸倉上山田温泉_大風呂.jpg

●小浴場
戸倉上山だ温泉_小風呂.jpg

以上。

群馬県/草津町/小島屋旅館(2017/04/08) [温泉]

■データ
トイレ:ウォシュレットと様式トイレ、普通、昭和風
種類 :宿
部屋 :畳部屋
浴衣 :あり
タオル:あり
お湯 :どちらかというと無色・透明で硫黄の香り
場所 :



■ポイント
草津には沢山!宿があるので、訪れる頻度が高い温泉地です。
よって、あちこちの宿にチャレンジしています。
ですが、なぜか、小島屋を気に入ってリピートしています。

小島屋旅館よりも、よい印象の宿はありましたが、多分、リーズナブルな価格で、民宿風の宿なのですが、部屋も改装され綺麗な所、駐車場がそばにある、湯畑にも近い、部屋も暖かいという所だからだと思います。

しかし、旅行にて、お連れの方が、もし、足腰が悪い場合は、ここはお勧めできません。
理由は、「階段がきつい急傾斜」だからです。

食事も頑張って作っており、美味しい方だと思います。
何度も宿泊してますが、全て完食できてるので、良いのだと思います。
ちなみに、食事は部屋食です。

宿の方は、みなさん、気さくで雰囲気が良く、
特に笑顔がステキな若女将は、「おかもとまり」に、とても雰囲気が似ています。

駐車場は、すぐすばにあるので便利です。

■コメント
小島屋旅館から、有名な共同浴場の地蔵の湯、煮川の湯、地蔵の湯、白旗の湯にアクセスしやすいです。

草津は、食事プランつけなくても、夕食には困らないくらい、美味しいお店が何店かあるので、数回訪れる場合は、外食するのも良いと思います。

・中華屋(湯畑周辺の)
・焼肉屋(湯畑の角にあるところ)
・ハンバーグが有名だけど湯畑からは遠い「どんぐり」
蕎麦屋は入れ替わりが激しく、正直、どこも変わんない感じ

など

●湯畑の湯温を下げる所
湯畑_畑.jpg

●湯畑の滝
湯畑_滝.jpg

以上。
タグ:温泉 草津

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。